いずみ塾
0120-72-8655
いずみ塾

教育理念

「成績を上げる」だけの塾なんて。

いずみ塾は1人ひとりの長所を見つけ、褒めてやる気にさせ、成績を上げることにこだわっています。しかし、「成績を上げること」だけを目指しているわけではありません。
成長していくこれからの大切な人生の中で、やる気も成績も上がった先に広がる大きな可能性に挑んでいってほしいのです。

教育目標

楽しく学び、「いきぬく」力を育てる

*いずみ塾の各校長たちが一堂に会して、大切にしたい想いや夢、理想を語り合いながら自分たちで形にし、文章化した目標です。

行動目標

「いきぬく」力を育てるために我々は―

①混迷の時代。夢をもてないこどもが増えています。「いきぬく」力を育てるため、生徒に夢をもたせます。
②自立・自律できる生徒にするために「強さ」「たくましさ」を育てます。
③間違い・失敗を恐れず、答えのない問題にも立ち向かえる力を育てます。
④自らの限界を越える力を育てます。

「楽しく学ぶ」ために我々は―

①共に学ぶ仲間と出会える場所、生徒にとって居心地の良い学習の場を提供します。
②できる・わかる・褒められる喜びを感じられる指導を行います。
③成績が上がる楽しさを実感できる塾であり続けます。
④生徒の向上心・探究心を深められる塾であり続けます。
⑤最終的に、生徒が自分で主体的に夢を見つけられるようにサポートします。

※「いきぬく」とは。

「いきぬく」には、「生き抜く」だけではなく、「息抜く(たまには息を抜ける余裕と自己コントロール力を身につける」「一気に抜く(自分の現状や限界を超えていく)」という意味も込められています。
いずみ塾の「教育目標」
生徒1人ひとりにあわせた学習の進め方で確実にステップアップ。
いずみ塾の「行動目標」

目指すものを適える環境とは。

「生徒に応じたカリキュラム」「やる気と学習機会を増やす」「テストに出る問題をやりきらせる」。いずみ塾はこうした課題に真剣に取り組んでいます。
温かく優しく明るい教室も、元気で頼りになる先生たちの存在も、すべては生徒の皆さんの「できた」「わかった」を広げるためにあります。

楽しく学び、「いきぬく」力を育てる

平均点前後の生徒でも、トップ校を目指すことができるレベルにまで引き上げる。それにより生徒の人生の選択肢を増やし、可能性を増やす。それがいずみ塾の目指すものです。
「するのが嫌!」な勉強、「行くのが嫌」な塾に無理やり行っても成績は上がりません。子どもたちの勉強に対する気持ちを前向きにし、具体的な目標を持たせ、適切なサポートをすることで、子どもたちの学力を引き上げます。そして、友だちに自慢したくなるような塾であることを目指します。

そのために―

①前向きにさせるための環境を整備します。
「教室・スタッフ・情報」
②成功体験を積ませるカリキュラム・指導で生徒をやる気にさせます。
「予習とテスト対策を中心にしたカリキュラム・褒める指導」
③1人ひとりの学習の時間、質を確保します。
「フリースペースの管理・運営」
私たちは明るく・楽しく・あたたかい、学習環境を整え、常に全力で生徒と向き合い、生徒の自発的な学習を支えます。
いずみ塾の「指導理念」
「楽しみながら学んでほしい」―。その想いを実現できる環境作りを目指しています。

長野県・山梨県に根差した学習塾として子供たちをサポート

  • いずみ塾の「小学部」

    小学部

    子どもはみんな「知りたい」「学びたい」― そんな欲求を持っています。そしてそのために取り組んだり、何かができたりした時のエネルギーがさらに大きな好奇心に結びつくのです。
    そうした小さな進歩を発揮でき、認めてもらえる環境がとても大切。1つひとつが成長につながる大切な時期だからこそ、多くの学ぶ楽しみを実感してもらいたい!だからこそ我々は
    ①出来ることを認めてもらえる「環境」
    ②興味があること・必要なことを選べる「環境」―を大切にしています。

    いずみ塾の「小学部」
  • いずみ塾の「中学部」

    中学部

    中学生にとって大切なのはテストの点数を上げること、そしてそれを積み重ねて第一志望校に合格すること。そのために必要な環境として
    ①県内高校受験に対するプロフェッショナル達が生徒の個性に合わせた指導を行うこと。
    ②いつでも勉強できて、いつでも質問できる自習スペース。
    ③「予習」と「復習」を組み合わせたカリキュラム。
    ④4半世紀にわたって蓄積した圧倒的な県内の受験情報。を大切にしています。
    いずみ塾の「中学部」
  • いずみ塾の「高校部」

    高校部

    大学受験の結果を左右するのは「学力」です。では、「学力」差が生じる原因は何でしょう?我々は「志」と「情報」が大きく影響していると考えています。「志」を早期に見つけることで、自分の進む路=進路が明確になります。「志」を見つけた次は、それを実現するために必要な「情報」を収集することが大切。
    「情報」という面では、長野県の高校生は首都圏の高校生と比べて圧倒的に不利です。この「情報格差」を埋めるため、いずみ塾では様々な情報発信を行っています。
    いずみ塾の「高校部」
  • いずみ塾の「小学部」
  • いずみ塾の「中学部」
  • いずみ塾の「高校部」

いずみ塾の “夢・想い・目標”